処刑場

2010/04/18(日) 編集
32:(1/21):2009/10/24(土) 16:36:14 ID:UKWUsSfP0


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ここは熱帯地方にある、小さな国。のんびりした
  おだやかなところと思う人もあるだろうが、そんな風情ではなかった。
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   (    ⌒ヽ         _,,...-‐‐''"" ̄     /  /  |  \    (
    ゝ      ⌒ヽ,, __,,,....--―-..、        /   /   |    \  ,(
   (          /  ,,,,,,,,,;;》》》〉〉ゞ      /    /    |     (
  _,,...-‐‐--..,,,_   / ミ''           /     /      />  />
  >〉〉》》》》>>,, `ヽ、,r'~ ̄ ̄`ヽ、 ̄+; ̄ ̄ __ ̄ ̄ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,_p/>
      _____,,,...(,;;)/⌒ヽ、"",,, ヽ、 。..: _'. ! ..::::. / ...:::::...... 。゚。,,,_p/> .....::::
  ,,r''~ ̄,,,,,,;;;;《《(,;;);;)彡 ヽ  彡,,ゝ /  | .::::: *....::::... ........+::::::::.......
  《《《<""  ,r';i;i/ ..::.  彡 ) +:::  | /...........::::::::..:::::.. 。...:::::::::::::..... .::::::
  。.... ::::: ,r'ww/ :::::::::: 彡ノ::. / ̄ ̄|  。..::::...... 。...::  ......*.....::::::::..:::::..:
  ~;,,。,r';i;i;i;i;i/ :::::::... ::  /     |  .........:::::::::::::::::.........::...:::::::...::::::::::::::.....:
      /www,'.。.... 。.... . . |     /。.....゚ .........。・...。.... 。 。。..::::...... 。..
    /;i;i;i;i;i;,'. ~^^゚~~~゚^ |__/~~・。,,,,:~"~~。~・" ゚''~。,,, 。....゚....
   /w;w;w,'                                 ~^^゚~・
  /;;;i;;i;i;i;i;i
  ;w;w;w;ii
  ;;i;;i;i;i;i;i


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        共和制で、大統領が元首ということになっているが
    全権と秘密警察とをにぎっていた。反対派はすべて弾圧された。
             つまり、独裁者というべきだった。
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
33:(2/21):2009/10/24(土) 16:36:57 ID:UKWUsSfP0


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          独裁者だからなにもかも自由に決定できた。
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                     川
                     ∧∧
                    (*゚∀゚)')
                    と  l
     .        ∧_∧  ~(⊃ノ
             Σ(; ´Д)    `J
               ノ~,   iO)、            ∧_∧
       .| ̄ ̄|~. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Σ(∀・ ; ,)      ∧w∧
    ∧_∧.    |               ┌─┬┴⊂  〇 ) ,,'⌒丶、 (゚Д゚ ;)
   ( ; `).    |               │  │  │ | │_ゝ@==>(〈y〉 )
  ┏━┳┓ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|   │  │  (__)__,) (・ω・`;) ̄ ̄ ̄
  ┃  ┃┗┓        |      |   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄~i ( =|=,~ ),,
  ┗━╋━┛        |      |   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|⌒(⌒,,_,)
    ┏┻┓_         │,   │   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|(__) ̄ ̄ ̄|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   非公開の法廷へ出かけていって、勝手に宣告を下すこともできた。
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



34:(3/21):2009/10/24(土) 16:37:41 ID:UKWUsSfP0


      ┌─────────────────────
      │ オマエハ外国ノスパイト判明シタ。ヨッテ、死刑ヲ宣告スル。
      └──────────v──────────‐


     .        ∧_∧   ∧∧
              ( ´Д`)  (*゚∀゚)
               ノ~,   iO)、  (l   l       ∧_∧
       .| ̄ ̄|~. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| (Д・ ; ,)      ∧w∧
    ∧_∧.    |               ┌─┬┴⊂  〇 ) ,,'⌒丶、 (゚Д゚  )
   (   `)    |               │  │  │ | │_ゝ@==>(〈y〉 )
  ┏━┳┓ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|   │  │  (__)__,) (・ω・` ) ̄ ̄ ̄
  ┃  ┃┗┓        |      |   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄~i ( =|=,~ ),,
  ┗━╋━┛        |      |   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|⌒(⌒,,_,)
    ┏┻┓_         │,   │   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|(__) ̄ ̄ ̄|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          ┌──────────────^───────‐
          │ スパイなんかじゃありません。
          | わたしは、ただ観光旅行にやってきただけで……
          └──────────────────────



35:(4/21):2009/10/24(土) 16:38:24 ID:UKWUsSfP0


  ┌──────────────────────────
  │ イマサラ弁解シテモ無駄ダ。ワガ秘密警察ノ目ヲゴマカスコトハデキナイ。
  | モハヤ死刑ト確定シタノダ。シカシ、特別ナ慈悲ヲモッテ、処刑ヲイクラカ
  | 延期シテヤッテモイイ。モシ、ソレヲ望ムナラバダガ……
  ├────────────v─────────────
  │ 急いで死にたがるものなど、いるわけがありません。
  │ お願いします。出来るだけ延期して下さい。
  │ いったい、どれくらいの期間、のばしていただけるのですか。
  └────────────v─────────────‐

                    ∧ ∧
                  ('(*゚∀゚*)')
                      l   l
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            ┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃
            ┃                ┃
            ┃_                  _┃
                    ∧_∧
                   (   ;)
                   (  ○ )

            ┌─────^─────‐
            │ ソレハ、オマエノ腕シダイダナ。
            ├─────^─────‐
            │ どういう意味でしょうか。
            └───────────



36:(5/21):2009/10/24(土) 16:39:24 ID:UKWUsSfP0


  ┌─────────────────────────
  │ ココニ、生マレテ間モナイライオンノ子ガイル。コノ世話ヲ、オマエニ命ジル。
  │ 世話ヲオコタッタリ、コレガ死ンダラ、猶予ハ取リ消サレ
  | オマエハタダチニ処刑サレルコトトナル。
  └─────v───────────────────‐


         ∧ ∧∧∧
          (*゚∀( ・ω・)
         (  つ,_っっ           ∧_∧
    | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      (∀・; )


       ┌──────────────^───────────‐
       │ ありがたくお受けします。なんのためかはわかりませんが
       | 大事にめんどうをみますよ。文字どおり、命がけでやります。
       └──────────────────────────



37:(6/21):2009/10/24(土) 16:40:10 ID:UKWUsSfP0


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ライオンの子と男とは、サクで囲われた一画に収容された。
  サクのなかは結構ひろく、台所用品のそろった小屋もあてがわれた。
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


               ∧_∧
              ( ・∀・)    ∧ ∧
              ( つ つ   (・ω・ )
              し_)_)   ヽuu,ノっ

  ┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
  ┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
  .::..:.wWw.::..:.wWw.::..:.wWw.::..:..::wWw.::..:..::..:.wWw.::..:..wWw. ∧∧wWw.::..:.w
  "~" '''"~" '''"~" '''"~" '''"" ~""' ''"" ~" "'''" "' ''"" ~" "'¶(,,゚Д゚)
                                       (0))  l


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    しかし、逃げることは不可能だった。いつも銃を持った番人がおり
  毎日肉や野菜や水といったたぐいを、サク越しにほうりこんでくれる。
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



38:(7/21):2009/10/24(土) 16:40:54 ID:UKWUsSfP0


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  自分の分と一緒にライオンの分の料理を作り、清潔にしておいた方が
    病気にかかる率も少ないだろうとからだを洗ってやったりもした。
          なにしろ、これに命がかかっているのだ。
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


       ∧_∧
      ( ・∀・)γ ⌒ヽ ゚
      (  つ[]ゝ ・ω・ )
      と_)_)( ゚ ⌒ ) .o  ∧_∧
                   ( ・∀・)Ψ      ∧ ∧
                   (つ   つ     (( (・ω・()゛))
                   と_)_) ⊂⊃  ⊂⊃u_,)っ

                                   ∧_∧
                                  (・∀・ )
                        ∧∧       (  つつ
                        ( ・ω)     / ゝ 〉
                       c´ っっ    (_(__)


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     そのライオンの子はオスだったが、精神的苦痛はなかった。
           事実、まったくかわいらしかったからだ。
    一緒にサクの中を走りまわるなど、なかなか楽しい日常だった。
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



39:(8/21):2009/10/24(土) 16:41:53 ID:UKWUsSfP0


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   しかし運動するようになるとそれだけライオンの食欲もふえるのだ。
           男は、サクのそとの番人に声をかけた。
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ┌────────────────────────
   │ ライオンのぼうやが、もっとたくさん食べたがっている。
   └───────‐v────────────────


              ∧_∧     ∧∧
             (; ・∀・)    (゚Д゚,,)¶
  ┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─(  ((0)─┼─┼─┼─┼─┼─┼
  ┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─ |   |.‐─┼─┼─┼─┼─┼─┼


           ┌────────^────────‐
           │ そうだろうな。成長しているのだから。
           └─────────────────


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              それを聞いて、男は青ざめた。
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



40:(9/21):2009/10/24(土) 16:42:43 ID:UKWUsSfP0


  ┌─────────────────────────────
  │ わかってきたぞ。ライオンを育てるためにはそれだけ
  │ おれの食う分をへらさなければならない。そうして徐々に
  | おれを飢え死にさせようという計画だな。なんというひどい処刑法だ。
  └──────────────v──────────────‐


                      ∧_∧
                      (;・Д・ )  ∧∧
  ┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─(゚   ¶┼─┼─┼─┼─┼─
  ┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─(   l|┼─┼─┼─┼─┼─


       ┌──────────────‐^────────────
       │ そうあわてるな。そんなことはない。
       | 食料がいるのなら、要求してくれ。明日から量を増やしてやる。
       └───────────────────────────



41:(10/21):2009/10/24(土) 16:43:27 ID:UKWUsSfP0


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     その約束ははたされた。男は飢え死にの心配から解放され
    ほっとした。安心して、ライオンの子と遊ぶ。それで日をすごした。
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


      ┌─────────────────
      │ 元気でいてくれよ。おまえに死なれたら
      │ とんでもないことになってしまうのだ。
      └───────v─────────‐


                ∧_∧    z
               (; -∀-∧ ∧ z
               (  つ( -ω-)
               と_)_ ヽ uuノ


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  心をこめた男の世話のためか、ライオンはもともと丈夫なものなのか
        べつに病気になることもなく、元気なものだった。
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



42:(11/21):2009/10/24(土) 16:44:11 ID:UKWUsSfP0


   ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒
   (
   )  しかし、あの独裁者、なんでこんな寛大な処置を
   (   とってくれたのだろう。その気なら即座に銃殺することだって……
   )  気まぐれで、ふと思いついたのだろうか。
   (
   ⌒ヽ_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ/⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ
                     O
                     o
                    。

                  ∧_∧    z
                 ( ・∀・∧ ∧ z
                 (  つ( -ω-)
                 と_)_ ヽ uuノ


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     しかし、月日がたつうちに、事態の深刻さがわかってきた。
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



43:(12/21):2009/10/24(土) 16:44:55 ID:UKWUsSfP0


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ライオンはしだいに大きくなり、からだつきはたくましくなり
         うなり声も大きくなった。歯や爪も鋭さをました。
          しだいに野生を示しはじめてきたのだった。
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                         _,∧从∧_
                         / yvwvy、ヽ
                         ル' ・ω・ レ,;;i
                         'i;、,_,,..ノ,;;jリ、_
                         _レ' w 'y,,;ソ  , `メ~
                        〔_〔__ノ__(_⌒つ

           :∧_∧:
           :(l|i ・Д):
           :(    つ:
            o
           O
   ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ
   (
   )  いつの日か、おれは食い殺されることになるのではないか。
   (   といって、防御のためにライオンを殺すことは……どうすれば……
   )
   ⌒ヽ_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ/⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ



44:(13/21):2009/10/24(土) 16:45:37 ID:UKWUsSfP0


    ┌───────────────────────────
    │ やっと気づいたようだな。そういうことさ。
    | みせしめのためだ。こういう処刑がなされたとの話が広まれば
    | 二度とスパイも潜入してこなくなるだろう。
    └───────‐v───────────────────


                ∧∧     ∧_∧
               ¶(,,゚Д゚)    (・Д・ ;)
  ┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─と    つ┼─┼─┼─┼─┼─┼─
  ┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼‐─ノ 人 ヽ ┼─┼─┼─┼─┼─┼─


                      ┌──‐^──
                      │ 残酷だ。
        ┌─────^──┴──────────
        | 残酷でなかったら、みせしめにならないよ。
        | わが元首は、頭がいいのだ。
        └───────────────────



45:(14/21):2009/10/24(土) 16:46:21 ID:UKWUsSfP0


            ┌──────────────────
            │ いったい、ライオンが完全に猛獣としての
            | 野生に戻るのは、あとどれくらいなんだ。
            └───────‐v──────────

                     _,∧从∧_
                     / yvwvy、ヽ
                     ル' ・W・ レ,;;i クワッ
                     'i;、,_,,..ノ,;;jリ、_
                     _レ' w 'y,,;ソ  , `メ~
                    〔_〔__ノ__(_⌒つ


                      ∧_∧
                      (; ・Д) ∧∧
  ┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼(    ¶┼─┼─┼─┼─┼─┼
  ┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼(   l|┼─┼─┼─┼─┼─┼

   ┌────────────────‐^───────────
   │ 教えないよ。いっとくがね、それを手なずけようとしても無駄だよ。
   | そいつは、特別に凶暴なライオンの子なんだから。
   └────────────────────────────



46:(15/21):2009/10/24(土) 16:47:06 ID:UKWUsSfP0


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       なにもかも絶望的だった。ライオンはさらに大きくなる。
     ふざけ半分に小屋の戸に飛びかかり、それを壊してしまった。
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


              / )从∧
           ( \/ /wvy、ヽ   <./|   /|     /\___
            ヽ/ /ω・レ/⌒ヽ  / .| / /    /    //
            / /\/ ,ヘ  i   ̄ > \_/   /____//
            し' \_/    i  />      ̄ ̄ ̄ ̄
               i⌒ヽ  ./   ̄>__
           /⌒ヽ i  i  \(    .|/  / /\
           i    | /ヽ   ヽ  ∠__/   ̄
           ヽ ヽ| |、 \_ノ  >   <>
             \|  )  ̄  ./V
              .ノ ./⌒)∧ /
           / し'.ヽ ( .∨
          //    し'  / /\


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      小屋にとじこもって身を守ることも、男にはできなくなった。
            ほえる声も、一段とすごみをました。
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



47:(16/21):2009/10/24(土) 16:47:52 ID:UKWUsSfP0


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 そして、ある日……
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                           _______
                          ///// ̄ ̄\\
                         /////      \\
                           └┬──┘        ├┘
                             |   |         |
               ∧∧          |   |         |
  ┼─┼─┼─┼─¶(   ゚)┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
  ┼─┼─┼─┼─|l    )┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼

        ┌────^──────────────‐
        │ おーい。…………返事がない。もしや……
        └───────────────────





              |
              |
              |    ミ  ∧∧
              |    ミ  ( ゚Д゚ ) バッ
              |     エi-u-=---i。
              |      ヽ_つ-m-'



48:(17/21):2009/10/24(土) 16:48:36 ID:UKWUsSfP0
  :::::::::::::::::::::::: | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::: | ::::::::::::::............:::::::::::::: :::......:.... :.....:..:::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::::::  :: ::::::::
  :::::::::::::::::::::::: | :::::.................... . ...:::::::........        :::........:.::::::::::::::::  :::::::: ::::: ::: :: :
  ::::::::::::.......... | : ... .        .........: :           ::........:...:::: ::::::::::::   : :: :::::::::::::
  ::::::::::::.......... |
  ::::::.......    |
  ::::::.......    |
         |_______    ::,∴',.;.
         ||          | ヾ,`;;.;',
         ||___    _ _____|      _,∧从∧_  ;;;∴':,: .:.  ;゚∴;:o
        /  ("´ ̄`)..   /|     / yvwvy、ヽ ZZz...    .;.'';;.'';;. .';
       ノ⌒~⌒⌒"⌒~"⌒\.::|     ル' -ω- レ,;;i
      / ζ;'";;@っ.' `.:ゝ ヽ`!' ̄ ̄ ̄ 'i;、,_,,..ノ,;;jリ、_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /,:  '´ ,._ 从,.;:;' 、  ヾ.,j (゚'#;;(;,. _レ' w 'y,,;ソ  , `メ~   と@;::;…
  /          ゛  ヽ., _)     〔_〔__ノ__(_⌒つ , ;:;)~,   ';:,;'
  |  ̄  ̄ ̄ . ̄  ̄ ̄.. ̄|| 、,;'  .,:;゚∵*'   ι cγ;',:,,)'   ,::,;:...   ,"ヾ,`;;.;',
  |               ||_,ノ と_,,_      ' ';,.     。,,),,'ミ,;'ψ::ゞ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´



49:(18/21):2009/10/24(土) 16:49:19 ID:UKWUsSfP0


  ┌─────────────────
  │ ついにやったぞ。さっそく報告に行こう。
  | 元首もさぞお喜びになるだろう。
  └──────‐v──────────


                       _、l _,∧从∧_
            ∧∧ ∧∧       / yvwvy、ヽ
           ('(,,゚∀゚≡゚∀)      ル' -ω・ レ,;;i
            |   ≡  つ        'i;、,_,,..ノ,;;jリ、_


   ┌────────‐^──────────────────
   │ おい、ライオン。おまえもお手柄だぞ。よくやってくれた。
   | もはや、この処刑場もご用ずみだ。サクの戸をあけておくから
   | 草原へ出て、あとは好きなように生きてくれ。
   └───────────────────────────



50:(19/21):2009/10/24(土) 16:50:01 ID:UKWUsSfP0


                     _,∧从∧_
                     / ,yvwvyヽ
                     i;;レ ・ω・ ル'
                    _,リ;;,、.,,_,ノ,i、
  ┼─┼─┼─┼─┤    レ'w├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─
  ┼─┼─┼─┼─┤     〔__├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─
  .wWw.::..:.wWw.::..:.ww.::..:.:.::..::...::...::...::wWw.::..:...:.w:...wWw.::..:..∧∧wWw.::..:.w:::::::ww:
  "~" '''"~" '''"~" '''"~" '''"" ~""' ''"" ~" "'''" "' ''"" ~" "'¶(,,゚∀゚) ~♪
                                       (0))  つ





                   _,∧从∧_
                   / yvwvy、ヽ
                   ル' ・ω・ レ,;;i
                   'i;、,_,,..ノ,;;jリ、_
                   ,レ' w 'y,,;ソ  , `メ~
  ┼─┼─┼─┼─┤   ノ  ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─
  ┼─┼─┼─┼─┤   〔__ノ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─
  .wWw.::..:.wWw.::..:.ww.::..:.:.::..::...::...::...::wWw.::..:...:.w:...wWw.::..:..wWw.::..:.w::..:..wWw..::w



51:(20/21):2009/10/24(土) 16:50:46 ID:UKWUsSfP0
  |;:ilヾ \ |::;ii|   ヾ;ゞゞ''ノヾ|;:i|    ノヾゞ:ヾヾ::ヾ\ |i;;:iii| /;;ゞ :;ヾ:,    |i;ゞゞ
  |;:i|  \`'';:::ii| ヾ:ヾ;;>;ゞヾ|  |;:i|/^    '|i|  |;:i| \`";;::ii| ノ / :ヾ;;>ヾ;ゞ ;ゞヾゞ
  |;:i|   ゙ヽ,;:;;;l| /゙;ゞゞ;ゞ:::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   ~|ii;;:ii"´/ |;;::ii|    |i|/
  |;:i|     |:::;iii~ ノ  ,,|;;::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   |i::;;iii|~   .|;;::ii|  ''\|i|
  ':;,`:ヽ|/,'|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''⌒ヾゞ   γ''"""''""''"' |ii;;i;('')''"''''"""''"""'''''"""''
  ";*'.:.:;”:;゙|:;;iii|`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ))  ((,:ソミ;.:';';';::;.:". |i;;;::;iii|`:;,':,:;.,:;.:;';',: ':::;.:".:;.:';
  .:;”:`:;,' *”|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:ソ    "''~`''"゙"'''~ノ;;ii;:iilli;ゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~゙
  "''~`''"゙ ノノシillゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"'_,∧从∧≡,∧从∧_ `'''''''''''''''"  ..,,、vji、iijww、ii..,
       "'''''''''"          / yvwvy、≡, yvwvyヽ    '""'''""'"""
   ,..,.,.,.,、             ル' ・ω・ ≡ ・ω・ ル'  キョロキョロ   ,..,.,.,.,、
             ''''""'"'''""" 'i;、,_,,..ノ≡,、.,,_,ノ,i
  ;;;ゝ);;));ヾ;;)              ,レ' w 'y,,;ソ  , `メ~    ''"""~
  ))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ))ゝ       ノ   ノ  ノ  〈  〈
  ;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;⌒;;)     〔__ノ〔__ノ ⌒ (_,ノ ''"""~
  ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;))                        ,..,.,.,.,、





                      ┌────‐
                      | ふうっ。
                      └──v──

                     li|il
                   _,∧从∧_λ_λ
                   / yvwvy、ヽ∀・:;;)
                 l|l ル' ω  レ,;;i:;;: と) ズルッ
                 γ 'i;、,_,,..ノ,;;jリ、_ノl|l
                〔__ノレ' w 'y〔__〕 , `メ~



52:(21/21):2009/10/24(土) 16:51:33 ID:UKWUsSfP0
  ノ;;ヾ ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ ヾゞ;|  <;;/::ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ;;::iiゞゞ;;ゞゞ;;ゞヾ;;>;ゞヾ;ゞ
  ゞヾ ;ゞゞ;ゞiilヾ;ゞゞ゙ゞ;;:::ii|  |;:ヾゞ   "ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾiii| <:;ヾ:ヾ;;>ヾ;ゞ'';ゞヾ;ゞ
  |;:ilヾ \ |::;ii|   ヾ;ゞゞ''ノヾ|;:i|    ノヾゞ:ヾヾ::ヾ\ |i;;:iii| /;;ゞ :;ヾ:,    |i;ゞゞ
  |;:i|  \`'';:::ii| ヾ:ヾ;;>;ゞヾ|  |;:i|/^    '|i|  |;:i| \`";;::ii| ノ / :ヾ;;>ヾ;ゞ ;ゞヾゞ
  |;:i|   ゙ヽ,;:;;;l| /゙;ゞゞ;ゞ:::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   ~|ii;;:ii"´/ |;;::ii|    |i|/
  |;:i|     |:::;iii~ ノ  ,,|;;::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   |i::;;iii|~   .|;;::ii|  ''\|i|
  ':;,`:ヽ|/,'|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''⌒ヾゞ   γ''"""''""''"' |ii;;i;('')''"''''"""''"""'''''"""''
  ";*'.:.:;”:;゙|:;;iii|`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ))  ((,:ソミ;.:';';';::;.:". |i;;;::;iii|`:;,':,:;.,:;.:;';',: ':::;.:".:;.:';
  .:;”:`:;,' *”|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:ソ    "''~`''"゙"'''~ノ;;ii;:iilli;ゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~゙
  "''~`''"゙ ノノシillゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~            "'''''''''''''''"  ..,,、vji、iijww、ii..,
       "'''''''''"               '""'''""'"""
   ,..,.,.,.,、          _,∧从∧_           ,..,.,.,.,、
                / yvwvy、ヽ     λ_λ         ,..,.,.,.,、
                ル' ω  レ,;;i     (;;:・∀・)
              γ 'i;、,_,,..ノ,;;jリ、_  (つ:;;:. と)
             〔__ノレ' w 'y〔__〕 , `メし_)_)

      ┌───────────────‐^──────────
      │ スパイの訓練所では、ずいぶんいろんなことを習ったものだ。
      | ライオンの急所だの、毛皮をはぐ技術まで教えられた。
      | なにも、そんなことまで身につける必要はないと
      | あの時は思ったものだったがな……
      └──────────────────────────



                         出典 星 新一
                             「かぼちゃの馬車」 より 『処刑場』


53:( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2009/10/25(日) 11:02:35 ID:vfRsio3T0
   (・∀・)イイネ!!


54:( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2009/10/25(日) 16:07:06 ID:lVFmthFa0
   なんという敏腕スパイ


【引用元】 ☆名作ショートショートをAA化しよう☆第二十七幕

かぼちゃの馬車 (新潮文庫)
関連記事
この記事へのコメント
  1.    AAな名無し - :2010/04/18 (日)
  2. 貴重なライオンがー
  3.    AAな名無し - :2010/04/18 (日)
  4. ライオンに見守られながら、最期を迎えると思ったのにそんな事はなかった
  5.    AAな名無し - :2010/04/18 (日)
  6. とってもとってもライオンだー
  7.    AAな名無し - :2010/04/18 (日)
  8. 男はどうやってライオンを殺したんだろうか
    ナイフでも隠し持ってたのか?
  9.    AAな名無し - :2010/04/18 (日)
  10. ※4
    調理するための道具があるだろ
    独裁者側は、男がライオンを殺すとは思っていなかったので道具を不用意に与えていた。
  11.    AAな名無し - :2010/04/18 (日)

  12.     ライぽン

        _,∧从∧_
        / yvwvy、ヽ
        ル' ・ω・ レ,;;i
        'i;、,_,,..ノ,;;jリ
        .レ' w 'y,,;ソ
  13.    AAな名無し - :2010/04/18 (日)
  14. >6
    和んだ
  15.    AAな名無し - :2010/04/18 (日)
  16. 小さい頃から大事に育ててきたライオンを殺し皮をはぐなんて・・・
    スパイはさすがだと思った
    ライオンェ・・・
  17.    AAな名無し - :2010/04/18 (日)
  18. ライオンは犠牲になったのだ…
  19.    AAな名無し - :2010/04/18 (日)
  20. これ星新一のだろ
  21.    AAな名無し - :2010/04/18 (日)
  22. なんと!
    ※10様は最後の「出典」に目が行かなかった様子!
  23.    AAな名無し - :2010/04/18 (日)
  24. ※10
    そう書いてあるじゃん。
  25.    AAな名無し - :2010/04/18 (日)
  26. 米10
    ちゃんと「出典 星 新一」って・・・
    って書こうと思ったら既に

    でもせっかくだから書いちゃう
  27.    AAな名無し - :2010/04/18 (日)
  28. じゃあついでに俺も

    ※10
    最後に出典書いてるよ
  29.    AAな名無し - :2010/04/18 (日)
  30. さすが星進一。まったく予想がつかないオチだった。
  31.    AAな名無し - :2010/04/18 (日)
  32. 要はパクリか
  33.    AAな名無し dYjiJs6o :2010/04/19 (月)
  34. あれ?
    この話既出じゃなかったっけ?それとも記憶違いか?
  35.    AAな名無し - :2010/04/19 (月)
  36. >>40のところで展開と文体からもしやと思ったがやっぱり星新一だったかwww
  37.    AAな名無し - :2010/04/19 (月)
  38. 果てしなく既出の予感!( ゚д゚ )
  39.    AAな名無し - :2010/04/19 (月)
  40. ※16
    言われてみればそうだよな
    ライオンの死骸を粗方パクパクしておかなきゃスパイの死骸の少なさに気づかれただろうし

    それを表現してるAAの作者は流石だわ。 出展元の星新一へのリスペクトを感じる
  41.    AAな名無し - :2010/04/19 (月)
  42. 残酷な大統領の気まぐれかと思ったら秘密警察、普通に優秀だった
  43.    AAな名無し - :2010/04/19 (月)
  44. まぁ、最初に捕まっちゃった間抜けなスパイの話なんだけどな。
  45.    AAな名無しさん - :2010/04/19 (月)
  46. 最初てっきり、「生マレテマモナイオンナノ子」かと・・・
  47.    AAな名無し - :2010/04/19 (月)
  48. 46のAAで爆笑してしまったw
  49.    AAな名無し - :2010/04/19 (月)
  50. 良い意味で裏切られた気分です
    流石ショートショートの星氏と言わざるを得ない
  51.    AAな名無し - :2010/04/19 (月)
  52. アッこれ見た事あるぞ!既出だ既出!
    と思ったらアルファルファで見たんだった
  53.    AAな名無し - :2010/04/19 (月)
  54. お役御免になったからって 特別に凶暴なライオンの子 を
    野放しにするのはどうなん?
  55.    AAな名無し - :2010/04/19 (月)
  56. スパイじゃなくて本物の観光者だと思ってたのは俺だけじゃないはず
  57.    AAな名無し - :2010/04/19 (月)
  58. 育ての親に殺されたライオンの最後の心境はいかがなものであったのか…
  59.    AAな名無し - :2010/04/19 (月)
  60. 野生に戻ってたんだから、育ての親も食い殺しかけてたんだろ。
    そして、スパイに涙は禁物さ。
  61.    AAな名無し - :2010/04/19 (月)
  62. スパイだとバレて捕まってるのは間抜けだと言うしかないけど、自分で育てたライオンを殺せるのは流石にプロだよなw
    ライオンを育てるってので、イギリスだかでライオン育てて1年後に再会した話を思い出した。
    あれは、ライオンはちゃんと育ての親覚えててくれてたんだよな(´;ω;`)
  63.    AAな名無し - :2010/04/20 (火)
  64. ライオンを育てたけど結局食い殺された動物学者だか作家がいなかったか
  65.    AAな名無し - :2010/04/20 (火)
  66. 何もかも間違ってるけど松島トモ子しか思い浮かばない
  67.    AAな名無し - :2010/04/20 (火)
  68. 星新一を思わせる作風だな
  69.    AAな名無し - :2010/04/20 (火)
  70. >>※31-32
    余計なフォローをするよ! (・∀・)

    それは『野生のエルザ』のことだね。
    感動的なお話だったね!
    ところがどっこい、結局、作者は、エルザじゃないけど、ライオンに殺された!

    ・・・・・・・・・・・・・・・と、いう噂が流れた。

    ところがどっこいこい! 殺したのは実は人間だったんだね(密猟者?)。
    本文のお話もそうだけど、結局、「恐ろしいのは猛獣よりも人間」なんだね!(・∀・)


  71.    AAな名無し - :2010/04/21 (水)
  72. この作者様に、
    筒井康隆の「駝鳥」もやって欲しいな
  73.    AAな名無し - :2010/04/21 (水)
  74. しばらくこのサイト見てないなーと思ったら
    まとめサイトに全然載らなくなっちゃってたでござる
  75.    AAな名無し - :2010/04/22 (木)
  76. ガイアがぽに囁いている…!
  77.    AAな名無し - :2010/04/27 (火)
  78. ガイヤー!!
この記事にコメントする
・コメントです。楽しく使ってね。仲良く使ってね。
・本文のみで書き込めます。
・記事の内容と関連のない雑談、質問はこちらでお願いします。
・コメントの書き込みテストはこちらでどうぞ。
・AA(アスキーアート)がズレて見える人はここを見るといいかも。
AA作成用支援ツール
新着記事ヘッドライン
アクセスランキング
拍手ランキング
はてなブックマーク
はてなブックマーク

カテゴリ

最新コメント

  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • ふるふるぼいんっ
  • お知らせなんです><
  • ふるふるぼいんっ
  • ニャッキ
  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><

AAキャラ別

月別アーカイブ

Amazon

リンク....〆(・ω・´)

ブログサービス


スカウター : AAなにっき....〆ミ・д・,,ミ

フィードメーター


ブログパーツ
track feed リンク元