自分カウンセラー

2009/06/19(金) 編集
5:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:05 ID:sxFogJOU


          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            |  あとは全自動だそうだ      |
          \                     /
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄

                    ∧_∧
         ∧_∧        ( ・m・)
       |( ´∀`)       (    )
       |(    )        人.  Y
       | ̄(_)__)      し (_)



   このばかばかしい話の始まりは、
   大学に行かず劇団に入る計画を僕が親に告白したことだった。
6:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:06 ID:sxFogJOU


              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                | 俳優になりたいならそれもいい。                   |
                | でも、それは大学を出てから始めても遅くはないだろう |
              \___  ___________________/
                    |/
        ∧_∧      ∧_∧
       ( ´∀`)=3   (・m・ )
       (     つ    (    )
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   / ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   二(    )< 大学に通いながらやってもいいんじゃないかしら   |
     (    )   \____________________/



   父も母も、いかにも物分りが良さそうに装っていた。
   しかし彼らがウソを言っているということははっきりとわかった。
   本当に俳優になるのなら、どうして大学にいく必要などあるだろう。


7:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:07 ID:sxFogJOU

   「お前が役者として成功する可能性はない。大学に行って普通のサラリーマンになれ。」
   面と向かってそう言う勇気がなく、ただこの場をごまかそうとしているのだ。
   指摘すると彼らはあたふたするばかりだった。そしてとうとう努力を放棄した。
   金を払って他人に、いやコンピュータに僕を説得してもらおうというわけだ。


              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                | 一度、進路相談をうけてみないか。              |
                | 相手がコンピュータなら話しやすいだろう。        |
              \___  ___________________/
                    |/
        ∧_∧      ∧_∧
       ( ´∀`)     (・m・;)
       (    )     (    )
     / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   / / ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    l二| それでもし気持ちが変わらなかったら、認めてくれるね? |
      \________________________/





                 ∧_∧
              |( ´∀`)
              |(    )
              | ̄(_)__)



   念を押してからここに来た。
   たとえコンピュータだって、僕のこの固い決意を覆すなんてできっこない。


8:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:08 ID:sxFogJOU

  __________________
  |                            |
  | ソレデハ、はじめます               |
  |_________________|


               人从ノ
                  ∧_∧ ビク
              |(;´∀`)
              |(    )
              | ̄(_)__)



9:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:08 ID:sxFogJOU

  __________________________________
  |                                                |
  | コレハ、人生の岐路にある今のあなたの決心を、                    |
  | 自分自身でずっと忘れないようにしっかりと録画しておくためのシステムです。 |
  |_________________________________|


                  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄
              |(;´∀`) <  え?
              |(    )   \___
              | ̄(_)__)



10:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:09 ID:sxFogJOU

  ____________________________
  |                                          |
  | 今どれくらい固い気持ちで進路を選択しようとしているかを、   .|
  | 目の前のモニターに向かって喋ってください。             .|
  | その映像はセーブされ、10年後、20年後、30年後の       |
  | あなた自身にメールされます。                     |
  |___________________________|


                 ∧_∧    ____
              |( ´∀`)   //  /
              |(    )    //__/
              | ̄(_)__) {ニ=====}
                     | ̄ ̄ ̄ ̄|



   なんとこれはタイムカプセルだったのだ。
   僕の決心を変えるためではなく、むしろ固めるための。
   父親は勘違いをして僕をここに連れてきてしまったのだ。


11:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:10 ID:sxFogJOU


   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    | わかりました。                                 |
    | 10年後や20年後の僕が今のこの僕の決心を思い出して、  |
    | また新しい気持ちで頑張れる様にというわけですね。     |
   \                                    /
.      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                   ∧_∧    ____
                 |( ´∀`)   //  /
                 |(    )   //__/
                 | ̄(_)__) {ニ=====}
                        | ̄ ̄ ̄ ̄|

   _______________________________
   |                                                |
   | そのトオリです。では録画をハジメマショウ。                   |
   | モニターの中に現れるキャラクターに向かって、話しかけてください。  .|
   |______________________________|



12:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:11 ID:sxFogJOU


            ┌──【◎】──┐
            │┏━━━━┓│
            │┃ ∧_∧ ┃│
            │┃(´Д,`, ) ┃│
            │┃( |\|  ) ┃│
            │┗━━━━┛│
            └──────┘



   僕はまた驚いてしまった。モニターに登場したのは僕自身…
   いや、僕にそっくりなおじさんだったのだ。


13:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:11 ID:sxFogJOU


         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           |  あ、あなたは?              |
         \                    /
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                ∧_∧    ____
              |( ;´∀`)   //  /
              |(    )   //__/
              | ̄(_)__) {ニ=====}
                     | ̄ ̄ ̄ ̄|


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃┌──―─┐                                              ┃
  ┃| ∧_∧ │ ???                                       ┃
  ┃|(´Д,`, ) | 「私は10年後の君を想定した存在だ。」                      ┃
  ┃|( |\|  ) |                                              ┃
  ┃└──―─┘                                              ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



14:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:12 ID:sxFogJOU


          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            | でも、なぜそ、そんなに…     |
          \                    /
                ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                ∧_∧    ____
              |( ;´Д`)   //  /
              |(     つ   //__/
              | ̄(_)__) {ニ=====}
                     | ̄ ̄ ̄ ̄|


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃┌──―─┐                                                ┃
  ┃| ∧_∧ │ 「汚いのか、と言いたいんだろう。 私は失敗バージョンの君なんだ。   . ┃
  ┃|(´Д,`, ) |  今、君は進学せずに芝居の世界に入ろうとしている。              ┃
  ┃|( |\|  ) |  しかし、そこでスターになるのは君が思っているほど簡単ではない。  .┃
  ┃└──―─┘                                                ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



15:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:13 ID:sxFogJOU


                ∧_∧    ____
              |( ;´Д`)   //  /
              |(    )   //__/
              | ̄(_)__) {ニ=====}
                     | ̄ ̄ ̄ ̄|


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃┌──―─┐                                                ┃
  ┃| ∧_∧ │ 「君…いや私はこの10年、まったくチャンスをつかめなかった。      .┃
  ┃|(´Д,`, ) |  この年になっても未だに低収入もなく、アルバイトで食いつないでいる。.┃
  ┃|( |\|  ) |  みじめな青春だったよ。」                                ┃
  ┃└──―─┘                                                ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



16:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:13 ID:sxFogJOU


          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             | そ、そんな…僕は失敗するの?  |
          \                    /
               ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                ∧_∧     ___
              |( ;´Д`)   //  /
              |(    )   //__/
              | ̄(_)__) {ニ=====}
                     | ̄ ̄ ̄ ̄|


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃┌──―─┐                                                ┃
  ┃| ∧_∧ │ 「そうと決まったわけではない。これはタイムマシンではなくて         ┃
  ┃|(´Д,`, ) │ あくまでもシミュレーションなのだ。もし君が10年後に成功していたら  ┃
  ┃|( |\|  ) |  今の君の気持ちなど思い出す必要はないだろう。」               ┃
  ┃└──―─┘                                                ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



17:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:14 ID:sxFogJOU


                     ・・・・・・
                 ∧_∧     ___
              | ( ;´Д`)    //  /
              |(  U U     //__/
              | ̄(_)__) {ニ=====}
                     | ̄ ̄ ̄ ̄|


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃┌──―─┐                                              ┃
  ┃| ∧_∧ │ 「この映像を与えるべき相手とは、                     ┃
  ┃|(´Д,`, ) |  失敗して、うちのめされて、救いが必要になっている君、         .┃
  ┃|( |\|  ) |  つまり私なんだ。」                                ┃
  ┃└──―─┘                                              ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



18:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:15 ID:sxFogJOU


   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    | お金持ちになれなくても夢を追いかけるって決めたじゃないか。    |
    | きっとまだチャンスはあるよ…                         |
   \                                        /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                ∧_∧     ___
              |( ;´Д`)   //  /
              |(  つ つ   //__/
              | ̄(_)__) {ニ=====}
                     | ̄ ̄ ̄ ̄|



   僕は最悪な気分になりながらも、しばらく懸命に話した。
   もしかしたら10年後には僕がこのくたびれた男になって
   この慰めの言葉を聞いているかもしれない。そう思うと気が滅入った。


19:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:15 ID:sxFogJOU

  10年後の僕はため息と一緒に消えていった。


                ∧_∧    ____
              |( ;´Д`)=3  //  /
              |(    )    //__/
              | ̄(_)__) {ニ=====}
                     | ̄ ̄ ̄ ̄|


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃┌────┐                                              ┃
  ┃|':; ..:; ;,:;:.':;:';:|                                              ┃
  ┃|;:': ,':.,:;.:,.: ,.:,|                                              ┃
  ┃|;:::.;:.:: '.:_:,;;:,.|                                              ┃
  ┃└────┘                                              ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



20:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:16 ID:sxFogJOU

   それで終わったと思ったら、すぐにモニターが点いた。
   そこにはもっと老け込んで、もっとくたびれた僕の姿があった。


               人从ノ
                ∧_∧     ___
              |( ;´Д`)   //  /
              |(    )   //__/
              | ̄(_)__) {ニ=====}
                     | ̄ ̄ ̄ ̄|


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃┌──―─┐                                                ┃
  ┃| ∧ ,,,,∧  | 「私は20年後の君だ。                               ┃
  ┃|(´Д,`,;:) |  俳優になろうなんて、まったく下らない考えだった。             ┃
  ┃|(:::|V|:::::) |  君、頼む。大学に行くことにしてくれよ…」                       ┃
  ┃└──―─┘                                                ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



21:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:16 ID:sxFogJOU

   そしてその次には、30年後の僕。


                ∧_∧     ___
              |( ; ゚Д゚)     //  /
              |(    )   //__/
              | ̄(_)__) {ニ=====}
                     | ̄ ̄ ̄ ̄|


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃┌──―─┐                                              ┃
  ┃| ∧ ,,,,∧  | 「わ、悪いことは言わない。 人生を踏み外すんじゃない。           ┃
  ┃|(:゚,m゚;,,) |  見ればわかるだろう、この惨めな姿を…」                  ┃
  ┃|(,':,|=|,:;';) |                                              ┃
  ┃└──―─┘                                              ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



22:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:17 ID:sxFogJOU


               ( ( (
                ) ) )
              {∧_∧}     ___
             |{(♯`Д´)}   //  /
             |{(  u u)}   //__/
             | ̄{(_)__)} {ニ=====}
                     | ̄ ̄ ̄ ̄|


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃┌──―─┐                                              ┃
  ┃| ∧ ,,,,∧  | 「ホームレスなんだ。わかるか。                           ┃
  ┃|(:゚,m゚;,,) |  いくら夢があっても、運がなければこうなるんだ。」             ┃
  ┃|(,':,|=|,:;';) |                                              ┃
  ┃└──―─┘                                              ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



23:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:18 ID:sxFogJOU


          人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_
          )                  (
          ) ふざけるな!!!!     (
          )                  (
          `Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´
                ∧_∧
                (♯`Д´)   ____
          \ 彡  (    つ  .//  /
           \/\)  ) )   //__/
             \ (__)_) {ニ=====}
                     | ̄ ̄ ̄ ̄|



24:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:18 ID:sxFogJOU


    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     | わかってるよ!これはやっぱり策略なんだ!            |
     | 僕を説得してあきらめさせて、進路を変えさせようとしている。 |
     | でもその手にはのらないぞ!                       |
     | 確かにあんたは正確なシミュレーションの産物だ。         .|
     | でもコンピューターは完全ではない。                  |
    \                                      /
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                  ∧_∧
                    (♯´∀`)    ____
               ⊂     つ  //  /
           _    | | |   //__/
        __|_   (__)_) {ニ=====}
                     | ̄ ̄ ̄ ̄|



25:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:19 ID:sxFogJOU

               ________
             /             \
             |      【(◎)】      |
             | ◯            ◯ |
             | ┌──────┐ │
             | │┏━━━━┓│ │
             | │┃ ∧_∧ ┃│ │
             | │┃ ( `Д´)┃│ │
             | │┃ (m9っ ) ┃│ │
             | │┗━━━━┛│ │
             | \______/  |
.             ∩ |◯_________◯|
               |_|(_|__|__|___|_)
           | l/              ヽ
           | /  ⊂⊃ __ ⊂⊃  ヽ
     人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_
     )                            (
     ) もし99%失敗するとしても、            (
     ) 1%でも可能性があるのなら僕はやるよ! (
     )                            (
     `Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´





                  ∧___∧
                 (:;,,・m∩
                 (;,,':,|=|,l○
                 | ̄(_)__)



26:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:20 ID:sxFogJOU


                  ∧___∧
                 (:;,,´m∩
                 (;,,':,|=|,l○
                 | ̄(_)__)



   若い頃の自分のその叫び声を聞いて、ぼろをまとった中年男はにっこりと笑った。
   30年は本当にあっという間に経過した。
   今のホームレス姿は、あのときの映像とそっくりのままだ。


27:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:20 ID:sxFogJOU


                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                         | そろそろお願いします     |
                       \______  _____/
             ▲ __                  V
    ∧((∧    ▼    ヽ                ___
   ノシノノ ヽ   / 人从ノノ              [__l二l|__   ∧ ∧
   <彡;゚ー゚ハ  / リ´ワ`ノ     ∧___∧      (´∀` ) ε= (゚Д゚;)
   (ノ___))  ノ⊂{|==|}ノつ   (:;,,´m`)     ⊂、 [U_]   ([|lllll]⊂
    |ニYニ|    /(____)、    (;,,':,|=|,l)       Y 人    |  |~
   ( =)=)   ~ UU゛     | ̄(_)__)      (_)'J    し´J



28:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:21 ID:sxFogJOU

        _________________________
        |lll川 |::::::::::::::::| |. | |                 ||  |,        llll川
        |lll川 |::::::::::::::::| |. | | __            ||  || ̄ |/ \llll川
        |lll川 |::::::::::::::::| |. | | | | | |l  ... ;;|:|口口| ||  | // | // l|lll川
        |lll川 |―――l | ,| |  ̄ ̄"  llliイ |:|口口| ||  | // | // l|lll川
        |lll川 |:,:; :, , | |=| |三三三三liil_i!y||llllllll|_,,||三| // | // l|lll川
        |lll川 | ̄ ̄ ̄ ,   ,        .,  ゛          llll川
        |li|ノノ´                              ヽill|||
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        三三三三三  三三三三三三三三三三三三三 三 三三三三
       三三三三三  三三三三三三三三三三三三三三三三 三三三三
      三三三三三 三三三三三三三三三三三三三三三三三三 三三三三
     三三三三三 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 三三三
    二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
   ∧∧__∧∧_∧∧_∧∧__∧∧_∧∧_∧∧__∧∧__∧∧__,∧∧__∧∧___∧∧
   (  ) (  ) ( ゚Д)(∀゚ )(  ) (  ) (* ゚ー) (  ) (  ) (∀`) (   ) (  )
  Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`i
  .| ∧∧|∧_∧,|∧_∧,|/■ヽ,|/■ヽ.| ハ,ハ|_,ハハ__|∧∧ .|∧∧ |∧∧ ,|∧,∧ |∧∧ |
  Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`i
  / ̄⌒ ̄ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄゛ヽ



   声に応えて彼はゆっくりと立ち上がった。
   大劇場を埋め尽くした客は、
   主演のホームレス役のその男の登場を今や遅しと待っていた。


   終


29:◆6666P.Z.IE:03/09/12 22:22 ID:sxFogJOU
   2999年のゲーム・キッズより「自分カウンセラー」でした。


30:( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/12 22:23 ID:BGR4E39D
   リアルタイムキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

   オチがよいですね。


31:( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/12 22:25 ID:3Jt0SMFD
   なんつーか、もう、ブラボー。


32:( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/12 22:26 ID:6YFCdQcj
   乙。
   面白かった。


33:( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/12 22:39 ID:viwkojO6
   イイね!こういうのが2段オチっていうのかな?


34:( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/12 22:41 ID:e1Gj/Meu
   最後で感嘆しちゃった。おもしろい~


35:( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/12 22:47 ID:Hgu4Gqml
   最高だ!!こんなオチが待っていたとは
   予想外だよ。


【引用元】 ☆名作ショートショートをAA化しよう☆第八幕

プロカウンセラーの聞く技術
関連記事
この記事へのコメント
  1.    AAな名無し - :2009/06/19 (金)
  2. オチに感心したのはひさびさだい!
  3.    AAな名無し - :2009/06/19 (金)
  4. イイハナシダナー
    じゃなくて普通にいい話で吹いたw
  5.    AAな名無し - :2009/06/19 (金)
  6. 鳥肌がスタンディングオベーション
  7.    AAな名無し - :2009/06/19 (金)
  8. これは(・∀・)イイ!!
  9.    AAな名無し - :2009/06/19 (金)
  10. ゲームキッズやばいな・・・どっかにまとまったものがないかな・・・
  11.    AAな名無し - :2009/06/19 (金)
  12. 世にも奇妙な物語の『自分カウンセラー』の原作か。
  13.      - :2009/06/19 (金)
  14. よかったよかった
    しかし反対されればされるほど、燃えるのが人間だとも思う
    それが若者なら、尚更
  15.    AAな名無し - :2009/06/19 (金)
  16. ハッピーエンドもいいよね!
  17.    AAな名無し - :2009/06/19 (金)
  18. 途中まで凄くヒヤヒヤしてた・・・これはいい話だ、本当
  19.    AAな名無し - :2009/06/20 (土)
  20. イイハナシダナー(aary
  21.    AAな名無し - :2009/06/21 (日)
  22. 感動した!
  23.    AAな名無し - :2009/06/21 (日)
  24. やばい、すごい鳥肌たった
    素晴らしいオチだ
  25.    AAな名無し - :2010/03/30 (火)
  26. これは面白い
この記事にコメントする
・コメントです。楽しく使ってね。仲良く使ってね。
・本文のみで書き込めます。
・記事の内容と関連のない雑談、質問はこちらでお願いします。
・コメントの書き込みテストはこちらでどうぞ。
・AA(アスキーアート)がズレて見える人はここを見るといいかも。
AA作成用支援ツール
新着記事ヘッドライン
アクセスランキング
拍手ランキング
はてなブックマーク
はてなブックマーク

カテゴリ

最新コメント

  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • ふるふるぼいんっ
  • お知らせなんです><
  • ふるふるぼいんっ
  • ニャッキ
  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><

AAキャラ別

月別アーカイブ

Amazon

リンク....〆(・ω・´)

ブログサービス


スカウター : AAなにっき....〆ミ・д・,,ミ

フィードメーター


ブログパーツ
track feed リンク元