価値検査機

2009/05/20(水) 編集
453:1/12:03/06/10 04:34 ID:yUyS7otv


  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            『 価 値 検 査 機 』

                       星 新一

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
454:2/12:03/06/10 04:35 ID:yUyS7otv


  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   小さな研究所をやっていたギコ老博士が、死の寸前、
   助手のモナ氏を呼び寄せて言った。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | わしは長い間研究を重ね、やっと、ある装置を完成した。
  | お前は優秀な助手とは言えなかったが、安い給料に文句も
  | 言わず手伝ってくれた。だからその装置を形見にやる。
  \               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ | なんモナか、これは?
                  \
         __∧∧___     ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /| |( ( ゚Д゚))|∧      ∧_∧
      ||, ~~'⌒⌒ヽ~-、    (´∀`;)
      ||\   ' ,   `、 ゙ヽ、 (⊃Ω⊂)
      ||\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|| 7__|:__. ,ゝ
         \|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||. (_(_)
           || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    _____∧____________________
  /
  | 万能価値検査機だ。調べたいものに一端を向けると盤上の
  | 針が揺れる。(・∀・)イイ!!に揺れたら価値があることを示す。
  | (・A・)イクナイ!!に揺れたら逆だ。そういう性能なのだゴルァ・・・・・・
  \__________________________



455:3/12:03/06/10 04:35 ID:yUyS7otv


  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   とりあえずモナ氏は、小さな店を開いた。雑貨屋のような店だが
   時とともに確実にお客が増えていった。それも無理はなかった。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               | いらっしゃいモナ~。
              \
                 ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ┏━━━┓
        ┃\*****┃     ∧_∧
        ┗┯┯━┛    (´∀` )
        | ̄ ̄ ̄|\.     ( Ω  )
        |      |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./|
        |. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
        | 何でも屋モナー         | |
        |.____________|/

  カイモノスルカラナ  クダサイモナ
    ∧_∧     ∧_∧
   ( ・∀・)    ( ´∀`)
   (  つつ品   (  つつ品
   | | |     )  ) )
   (__)_)    (__)__)



456:4/12:03/06/10 04:36 ID:yUyS7otv


  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   仕入れで失敗することがない。針が(・A・)イクナイ!!に揺れると、
   彼は黙って首を振る。針が(・∀・)イイ!!に揺れるときも、
   その揺れ具合を見ながら値切る。というわけで、モナ氏の店の
   品は良質なものばかり。店の信用は高まる一方だった。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


  [(・A・)イクナイ!!]━―━―━―━l━―━―━―━[(・∀・)イイ!!]
           ▲≡≡≡


       アレ?    ナンデ?
     ∧_∧    ∧_∧              ∧_∧
    < ;`Д´>  < ;`Д´>    品     ≡( ´Д`)
    (    )  (    )    品品        ( Ω  )
    | | |   | | |     品品品      | | |
    〈_フ__フ  〈_フ__フ   品品品品     (_(_)





  [(・A・)イクナイ!!]━―━―━―━l━―━―━―━[(・∀・)イイ!!]
                    ≡≡≡▲


      10エンマケルょぅ              / /
                             ∧_∧
         ∧∧ ⑩   品       (´∀` )
        (=゚ω゚)ノ    品品       ( Ω  )
      ~(   x)     品品品      | | |
        U U    品品品品      (_(_)



457:5/12:03/06/10 04:37 ID:yUyS7otv


  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   モナ氏の商売は規模を広げ、また順調な経営だった。検査機は
   人間にも作用を示すのだ。(・∀・)イイ!!社員ばかりを揃えることが
   できた。また、その針の揺れによって昇進やボーナスを決める。
   不平不満の声もあがらない。利益は上がる一方だった。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


  [(・A・)イクナイ!!]━―━―━―━l━―━―━―━[(・∀・)イイ!!]
                       ≡≡≡▲


    ___  
    |採用|∧_∧
   〃 ̄ ∩ ´∀`)
      ヾ.  Ω )                ヤッタカラナ!!
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \           ∧_∧
                   \        Σ (・∀・* )
  ┏━━━━━━━━━━━┓          (    )
  ┃オマエモナー物産面接会 .┃        | | |
  ┗━━━━━━━━━━━┛          (_(__)






  [(・A・)イクナイ!!]━―━―━―━l━―━―━―━[(・∀・)イイ!!]
                ガンバルカラナ!!    ≡≡≡▲


        ∧ ∧      ∧_∧
        (,,゚Д゚)       (・∀・ )カタカタ
      _ φ_C__ . ┌――┐)___
    /旦/  /  /. ̄|.VAIO..|ソ/ /|      ∧_∧
  /|||||||| ̄ ̄  /    ======//  |      (´∀` )
  |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   . |      ( Ω  )
  |           |              |  /      | | |
  |           |              |/        (_(__)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



458:6/12:03/06/10 04:37 ID:yUyS7otv


  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   モナ氏はさらに美術商も始めた。美術商には鑑定眼が必要だが
   彼には価値検査機がある。不動産会社も作った。土地を検査し、
   お客を検査すれば、値下がりの危険も代金の取りはぐれもない。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


  [(・A・)イクナイ!!]━―━―━―━l━―━―━―━[(・∀・)イイ!!]
      ▲≡≡≡


                  / ̄\
                  |(´∀`|
                 || ||
                /( /_/ )\
                「モナー・リザ」






  [(・A・)イクナイ!!]━―━―━―━l━―━―━―━[(・∀・)イイ!!]
                            ≡≡≡▲


                         __
                           /ヘ~ヘ
                             |FF|ニ|
                   | ̄ |\    .|FF|ニ|
                   | 畷 |℡|    |FF|ニ|
                   | 畷 |幵|    |FF|ニ|
         l ̄i\__ .| 畷 |幵| ::::/二ニ,ハ
         |三lミ|三三| | 畷 |幵|;;::::::|EEE|日|
         |三|ミl三三| | 畷 |幵|;;;:::::|EEE|日|;;;:::::::
         |三lミ|三三| | 畷 |;;;;::::::::: |EEE|日|;;;:::::
         ::|三|ミl三三|;;;;;;;::: |::::::::::::: |EEE|;;;;;;;;::::::::::
         ::::::|三lミl三三|;;;;;::::::::::::::;;;;;;;:::::::::::::;;;:::::::::
         :::::::::::::|;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;::::::::::::



459:7/12:03/06/10 04:38 ID:yUyS7otv


  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   その一方、モナ氏は結婚もした。説明するまでもないことだが、
   検査機を使い、善良で(・∀・)イイ!!女性を妻とすることができた。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


  [(・A・)イクナイ!!]━―━―━―━l━―━―━―━[(・∀・)イイ!!]
                             ≡≡≡▲


               (@)_∧
              /゚ (*゚ー゚)
            / ヘ ゚゚゚゚゚゚ ヘ
           /, 〈 ソ 〉`,´,,) 〉
          <_./ んソゝ   〈ハゝ
          / /ヽく(@)フノ \
        / 〔X_〕∠(@(@)ゝ〔_X〕
       <_   / /  :l く/|_〉l  l ::|
         `ー/ /  :| |   |  l ::|
          / /   :| |   |  l  :|
          / /   :| |    |  |  :|   ∧_∧ γ ⌒ヽヾ
          / /   ::| |     |  |  :l   (*_´∀`).\/
         ー/    ::| |    :|  |   |  ( ヽΩ/ ..]つ
          /    |  |     ::| | _,i   |__ノ∽ヽ|
         ` 、_  __|  |     :| ├'   (__)__)
               ̄ `^ー---、__」ー'



460:8/12:03/06/10 04:38 ID:yUyS7otv


  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   ここに至るまでの間モナ氏はあらゆるものを検査したが、
   まだ試みてないものが一つだけあった。それは自分自身。
   そのことがずっと頭に引っかかり、なんとなく落ち着かない。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


             (・∀・)イイ!?(・A・)イクナイ!?

                   ∧_∧
                  (;´∀`)
                   (  Ω )
                   | | |
                   (__)_)





  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   ある夜、モナ氏はついに決心し検査機の一端を自分に向けた。
   そして、手の中の文字盤をおそるおそるのぞく・・・・・・。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


             (・∀・)イイ!?(・A・)イクナイ!?

             (・A・)イクナイ!?(・∀・)イイ!?

                  ∧_∧
                   (´∀`; )
                 (  つつΩ
                 ( ̄__)__)



461:9/12:03/06/10 04:39 ID:yUyS7otv


  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          針は大きく(・∀・)イイ!に揺れていた。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


  [(・A・)イクナイ!!]━―━―━―━l━―━―━―━[(・∀・)イイ!!]
                              ≡≡≡≡≡▲


               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 |  マンセー!!
                 |  漏れはやはり偉いモナ!!
               \
                  ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ∧_∧
                ◯(*´∀`*)◯
                  \ Ω  /
                   |⌒I、│
                  (_) ノ
                     ∪
                     ∬



462:10/12:03/06/10 04:40 ID:yUyS7otv


  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           その声を聞き、夫人がやってくる。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | 何ですの? 大声をあげたりなさって
  \
     ̄ ̄ ̄|/ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           | お前が信頼できる性格であることは知っている
           | から話そう。これは価値検査機といって・・・・・
           \
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧∧                ∧_∧
       (*゚ー゚)              (´∀`* )
      ⊂  ⊃        Ω⊂    つ
     ~(  ノ           ( (  (
    Ξ ι\)           (_(_)



463:11/12:03/06/10 04:40 ID:yUyS7otv


  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   夫人は装置をその辺の品物に向けた。針はみな(・∀・)イイ!!に
   揺れる。つまり、周囲にあるのは高価な品ばかりなのだ。
   彼女はふざけながら、モナ氏にも向けてみる・・・・・・。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


  [(・A・)イクナイ!!]━―━―━―━l━―━―━―━[(・∀・)イイ!!]
                             ≡≡≡▲


  [(・A・)イクナイ!!]━―━―━―━l━―━―━―━[(・∀・)イイ!!]
                           ≡≡≡▲


  [(・A・)イクナイ!!]━―━―━―━l━―━―━―━[(・∀・)イイ!!]
                            ≡≡≡▲





        スバラシイモノネ
         アタシニモサワラセテ       イイヨイイヨー
  .      ∧∧      ∧∧       ∧_∧
        (゚ー゚*)    (*゚ー゚)      (´∀` )
       Ω⊂  とヽ    / つつΩ    (    )
        ( ( )~ ~/  ノ        .| | |
         と `J     し'し'       .(_(_)



466:12/12:03/06/10 06:52 ID:yUyS7otv


  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          針は(・A・)イクナイ!!に大きく揺れた。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


  [(・A・)イクナイ!!]━―━―━―━l━―━―━―━[(・∀・)イイ!!]
   ▲≡≡≡≡≡


          アラ、アナタ
           コレ、ドウイウコト?   エ・・・・?
             ∧∧        ∧_∧
            (*゚ο゚)       (´Д`; )
            / つつΩ     (    )
          ~/  ノ        | | |
            し'し'           (_(_)


  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   装置を身につけていれば、モナ氏は確かに大変価値ある人物だ。
   しかし、それがなければ、ただのつまらない人間にすぎない。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                                    糸冬



【引用元】 ☆名作ショートショートをAA化しよう☆第五幕

未来いそっぷ (新潮文庫)
関連記事
この記事へのコメント
  1.    AAな名無し - :2009/05/20 (水)
  2. こういう話は好きだ
  3.    AAな名無し - :2009/05/20 (水)
  4. なかなか考えさせられる話だなw
  5.      - :2009/05/20 (水)
  6. 途中で壊れて路頭に迷うのかとヒヤヒヤしたぜ
  7.    AAな名無し - :2009/05/20 (水)
  8. これが書かれた当初は「本当の自分の価値は…」とか考える余裕があったんだろうな。
    たぶん、いまのゆとりが読んだら「は? 別に装置持ってさえいればよくね?」で終わり。
    そして・・・・・それに対する反論は・・・・・・できない・・・・・。
  9.    AAな名無し - :2009/05/20 (水)
  10. ※4
    「装置がなくなれば嫁も社員も客も離れていく。
    それは金しか持っていない人間が金を無くすことと同じだ。
    そうなったときのことを考えられない人間は愚かだとは思わないか?
    徳のある人間は得を無くすことはない。
    だから付属品ではなく自分自信を高めることが必要なんだ」

    ま、ゆとりにはなに言っても通じないだろうけどwwwwwww
  11.    AAな名無し - :2009/05/21 (木)
  12. 便利な道具を手に入れたせいで自分自身の価値が下がってしまった
    という事なのかと思った
    最初は優秀ではないにしろ信頼され、頑張ってる人だったから
  13.    AAな名無し - :2009/05/21 (木)
  14. 星新一のショートショートはちゃんとオチの意味を自分で考えないと,
    「へ?だから何?」で終わってしまう作品が結構多いな。
  15.    AAな名無し - :2009/05/21 (木)
  16. 勝手に自分で持ち出した仮定を肯定して、相手を人格否定するような人間もたいがいだけどな。
  17.    AAな名無し - :2009/05/21 (木)
  18. モナー・リザに吹いたw
  19.    AAな名無し - :2009/05/21 (木)
  20. ※5
    [(・A・)イクナイ!!]━―━―━―━l━―━―━―━[(・∀・)イイ!!]
       ▲≡≡≡≡≡
  21.    AAな名無し - :2009/05/23 (土)
  22. ※5
    嫁も社員も(・∀・)イイ!!人達だから離れていかないだろ
  23.    AAな名無し - :2009/05/23 (土)
  24. 優秀なだけに無能な社長を見限るかもしれん
  25.    名無しさん - :2009/05/24 (日)
  26. 装置をイイ!!方向に使いこなせるだけの人物、って解釈はダメかなぁ
    いや物語としてはダメなんだけどさ
  27.    AAな名無し - :2009/05/31 (日)
  28. あの装置があっても一人で店を経営したり会社作ったりするのはかなり大変だと思うぞ
    それにあの機械は手動っぽいから全部自分の足で近くまで行って調べて回ったんだろうし

    その行動力は(・∀・)イイ!!と思う
  29.    AAな名無し - :2009/10/09 (金)
  30. ※5
    何こいつ気持ち悪い
この記事にコメントする
・コメントです。楽しく使ってね。仲良く使ってね。
・本文のみで書き込めます。
・記事の内容と関連のない雑談、質問はこちらでお願いします。
・コメントの書き込みテストはこちらでどうぞ。
・AA(アスキーアート)がズレて見える人はここを見るといいかも。
AA作成用支援ツール
新着記事ヘッドライン
アクセスランキング
拍手ランキング
はてなブックマーク
はてなブックマーク

カテゴリ

最新コメント

  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • ふるふるぼいんっ
  • お知らせなんです><
  • ふるふるぼいんっ
  • ニャッキ
  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><

AAキャラ別

月別アーカイブ

Amazon

リンク....〆(・ω・´)

ブログサービス


スカウター : AAなにっき....〆ミ・д・,,ミ

フィードメーター


ブログパーツ
track feed リンク元

メール (「・∀・)「