三匹のモララー

2009/03/26(木) 編集
86:1/21:03/07/30 03:26 ID:bxqXHvvl

   あるところに、三人兄弟のモララーがいました。

   今日も一番上の長男と真中の次男は

   2人で仲良く遊んでいます。


                    ∧_∧ ∧_∧
                    ( ・∀・)(∀・  )
                    / つ⊿と     キ
         ∧_∧      (   □ て____つ
        (・∀・ )        ̄ ▲ ロ○
       _φ___⊂)_
      /旦/三/ /!
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!  i
    |愛媛みかん|/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
87:2/21:03/07/30 03:26 ID:bxqXHvvl

   一番下の三男が言いました。

   「勉強中だから静かにしてくれる?」


                    ∧_∧ ∧_∧
                    (・∀・ )(・∀・ )
                    / つ⊿と     キ
         ∧_∧      (   □ て____つ
        ( ・∀・)        ̄ ▲ ロ○
       _φ___⊂)_
      /旦/三/ /!
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!  i
    |愛媛みかん|/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



88:3/21:03/07/30 03:27 ID:bxqXHvvl

   次男は言いました。    「あ、ごめんよ。」

   長男は言いました。    「うるさくしてごめんね。」


                    ∧_∧ ∧_∧
                    (・∀・ )(・∀・ )
                    / つ⊿と     キ
         ∧_∧      (   □ て____つ
        ( ・∀・)        ̄ ▲ ロ○
       _φ___⊂)_
      /旦/三/ /!
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!  i
    |愛媛みかん|/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





                       キャッ キャッ
                  メ              ヽ
                 キ   ∧_∧ ∧_∧  キ
                 ヾ ( *・∀・)(∀・* ) メ
                    / つ⊿と     キ
         ∧_∧      (   □ て____つ
        (・∀・.#)        ̄ ▲ ロ○
       _φ___⊂)_
      /旦/三/ /!
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!  i
    |愛媛みかん|/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



89:4/21:03/07/30 03:28 ID:bxqXHvvl

   一向に静かにならない兄達に、

   三男は ある提案をしました。


   「僕たち別々に住まないか?」


                    ∧_∧ ∧_∧
                    (・∀・ )(・∀・ )
                    / つ⊿と     キ
         ∧_∧      (   □ て____つ
        ( ・∀・)        ̄ ▲ ロ○
       _φ___⊂)_
      /旦/三/ /!
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!  i
    |愛媛みかん|/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



90:5/21:03/07/30 03:29 ID:bxqXHvvl

   こうして、いつも仲良く暮らしていた3人兄弟は

   別々に家を作り、離れて暮らすことになりました。



          なまけもの の長男は

        わらを束ねて作った家を。

                 ∧_∧         遊び人 の次男は
             (・∀・ )
             (ミ彡ミと )        木で作った木造住宅を。

         しっかりもの の三男は        ∧_∧
                            i三( ・∀・)三!
        レンガを積んで作った家を。     (     つ

             ∧_∧
             (・∀・; )
              (!コココと )

        それぞれ懸命に作りました。



91:6/21:03/07/30 03:43 ID:bxqXHvvl

   先に家のできあがった長男と次男は

   まだ家のできあがっていない三男を


         ∧_∧ .∧_∧
        (;;:.・∀・)(・∀・.:;;)





          手伝いました。


    ∧_∧ ココデ イイ?
   ( ・∀・)__ __ __ _       ∧_∧
   /    つ__|__|__|_|     (∀・; ) フゥ フゥ ・・・
   (    〈._|__|__|__|      ∪   ヽ    ソコデ イイデス
             ∧_∧
             (・∀・*.) ツミキ ミタイ
             (!コココと )


   こうして、3人の家は完成したのです。



92:7/21:03/07/30 03:44 ID:bxqXHvvl

   ある日のこと、


      ∧,、,∧_
      f´ ;;::叉;;)     「腹減ったー。」
        リミ ´∀`)
      (     )
      |   |  |
      (____)__)





      ∧,、,∧_
      f´ ;;::叉;;)     「スニッカーズでも食うか。」
        リミ ´∀`)
      (  つ¶()
      |   |  |
      (____)__)



93:8/21:03/07/30 03:44 ID:bxqXHvvl

   1匹の腹を空かせた狼が通りがかりました。


          、 ! ,
         ∧Ω∧_
         f´ ;;::叉;;)
            リミ;´∀`)     「は・・・腹減ったー。」
         (   つ つ
         (  ヽ ノ
          し(_)



94:9/21:03/07/30 03:45 ID:bxqXHvvl

   それを見た長男は急いでワラの家へと逃げ帰り、
   ぶるぶると震えていました。


                                \
     ∧_∧               アンパンマン
     ( ;・∀・) ヒィィ・・・。          アタラシイ カオヨ!  | ̄ ̄\
     ( ⌒つ()                          | TV. |┐
       `'(_)_)                 ギャーーーッ  .|    |┘
                                      ̄ ̄ ̄
                                /





   それを見た狼は言いました。

   「ばかめ。そんなわらの家なぞ、俺様が一息で吹き飛ばしてやる!!」


      ∧,、,∧_
      f´ ;;::叉;;)
        リミ ´∀`)
      (     )
      |   |  |
      (____)__)



95:10/21:03/07/30 03:45 ID:bxqXHvvl

   なんということでしょう。狼の一息で、

   長男の家はひとたまりもなく 飛んでいくじゃありませんか。

   「うわー!ひとたまりもない!」


   __________         ∧_∧
    ――――――――――       (・∀・; )
     ――――――――――――   と と  )
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   / /  /
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     (⌒(⌒ノ
          ーi ゛
           / オ オ オオオ





   狼はフフンと鼻を鳴らし言いました。

   「それ見たことか!」


                 //ミ、  __________
      ∧,、,∧_     /!i ミツ!  ――――――――――
      f´ ;;::叉;;)    =!i 三()  ――――――――――――
        リミ ´∀`)     ミ!i 彡.!   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      (     )      ヾ彳'   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |   |  |         | !   ーi ゛
      (____)__)     ∠二)    / オ オ オオオ



96:11/21:03/07/30 03:46 ID:bxqXHvvl

   家を吹き飛ばされた長男は、

   すぐさま次男の家に避難しました。


                ___
              |\.二二二
   ∧_∧  ∧_/! .|二二二
   ( ;・∀) (・∀・ |0. !二二二
   /    つ ヽ  .|  !二二二





   それを見た狼は言いました。

   「ばかめ。そんな木造住宅なぞ、俺様が一息で吹き飛ばしてやる!!」


      ∧,、,∧_
      f´ ;;::叉;;)
        リミ ´∀`)
      (     )
      |   |  |
      (____)__)



97:12/21:03/07/30 03:50 ID:bxqXHvvl

   なんということでしょう。狼の一息で、

   次男の家はひとたまりもなく 飛んでいくじゃありませんか。

   「うわー!再度ひとたまりもない!」


   __________         ∧_∧.∧_∧
    ――――――――――       (・∀・; )・∀・;)
     ――――――――――――   と と  ) と  )
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   / /  // /  /
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     (⌒(⌒ノ(⌒(⌒ノ
          ーi ゛
           / オ オ オオオ





   狼はフフンと鼻を鳴らし言いました。

   「はたまた それ見たことか!」



      ∧,、,∧_ フ-! フー!               _______
      f´ ;;::叉;;) 、          ――――――――――
        リミ ;´∀卍 , - ー ― ―――――――――――
      (   つ/()          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |   |  |     ーi ゛               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      (____)__)     / オ オ オオオ



98:13/17:03/07/30 03:52 ID:bxqXHvvl

   ついに次男の家までも吹き飛ばされ、

   残るは 三男の家だけとなりました。

   三男は言います。


   「大丈夫。この家はレンガでできてるんだ。

   狼だって 吹き飛ばすことはできないはずさ。」


     ∧_∧.  ∧_∧   ∧_∧
     ( ;・∀・) ( ;・∀・) (∀・  )
     ( ⌒つ() ()と⌒ )  と ⌒ヽ
       `'(_)_). (_(_)"   (__入_ノ



99:14/17:03/07/30 03:53 ID:bxqXHvvl

   それを聞いた狼は言いました。

   「ばかめ。そんな石造住宅なぞ、俺様が一息で吹き飛ばして・・・」


      ∧,、,∧_
      f´ ;;::叉;;)      ┌───────┐
        リミ ´∀`)       └┬─┬─┬─┬┘
      (     )          ├┬┴┬┴┬┤
      |   |  |         .├┴┬┴┬┴┤ww
      (____)__)      ⌒⌒ ̄ ̄ ̄⌒⌒ ̄  ⌒





      ∧,、,∧_
      f´ ;;::叉;;)      ┌───────┐
        リミ; ´∀)       └┬─┬─┬─┬┘
      (     )          ├┬┴┬┴┬┤
      |   |  |         .├┴┬┴┬┴┤ww
      (____)__)      ⌒⌒ ̄ ̄ ̄⌒⌒ ̄  ⌒



100:15/17:03/07/30 03:56 ID:bxqXHvvl
                               ├┴┬┴┤
                               ├┬┴┬┤
                         ┌──┴┴─┴┴──┐
                         └┬┬┬───┬┬┬┘
                           ├┼┤      ├┼┤
    「本当に大丈夫?」            ├┼┤      ├┼┤
                           ├┼┤      ├┼┤
                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ∧_∧.  ∧_∧   ∧_∧
    ( ;・∀・) ( ;・∀・) (∀・  )  「大丈夫だって。心配するなよ。」
    ( ⌒つ() ()と⌒ )  と ⌒ヽ
      `'(_)_). (_(_)"   (__入_ノ



101:16/17:03/07/30 03:57 ID:bxqXHvvl
                               ├┴┬┴┤
                               ├┬┴┬┤
                         ┌──┴┴─┴┴──┐
                         └┬┬┬───┬┬┬┘
                           ├┼┤(::叉::;;,..├┼┤
                           ├┼┤(´∀`リ├┼┤
                           ├┼┤ U U .├┼┤
                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ∧_∧.  ∧_∧   ∧_∧    !
    ( ・∀・)  ( ・∀・) (∀・  )    |ヾ サ ッ
    ( ⌒つ() ()と⌒ )  と ⌒ヽ
      `'(_)_). (_(_)"   (__入_ノ





                               ├┴┬┴┤
                               ├┬┴┬┤
                         ┌──┴┴─┴┴──┐
                         └┬┬┬───┬┬┬┘
                           ├┼┤(::叉::;;,..├┼┤
                           ├┼┤(´∀`リ├┼┤
                           ├┼┤ U U .├┼┤
                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ∧_∧.  ∧_∧   ∧_∧
    (   ・∀) (    ・) (     )
    ( ⌒つ() ()と⌒ )  と ⌒ヽ
      `'(_)_). (_(_)"   (__入_ノ



102:ジェロニモ ◆sai/angedc:03/07/30 03:58 ID:bxqXHvvl



         \ ぎゃー。/
      ┌───────┐
      └┬─┬─┬─┬┘
        ├┬┴┬┴┬┤
        ├┴┬┴┬┴┤ww
      ⌒⌒ ̄ ̄ ̄⌒⌒ ̄  ⌒



【引用元】 【一発ネタ総合】モナーのネタ帳(´∀` ) 2冊目

三匹のおっさん
関連記事
この記事へのコメント
  1.    AAな名無し - :2009/03/26 (木)
  2. ┌──┐
    │    │
    └──┘
    SECOM
     ̄ ̄ ̄ ̄

    だからセコム入れとけとあれほど・・・



  3.    AAな名無し - :2009/03/26 (木)
  4. 煙突にもセコムできるのか?
  5.    Nanashi - :2009/03/26 (木)
  6. そういう問題じゃないwwwwww
  7.    AAな名無し - :2009/03/26 (木)
  8. 長嶋さんの家ってドロボー入ってなかったっけ?
  9.    AAな名無し - :2009/03/26 (木)
  10. タチコマ劇場のネタかと思った
  11.    AAな名無し - :2009/03/26 (木)
  12. ちゃんと沸かしとけよ・・・バカ
  13.    AAな名無し - :2009/03/26 (木)
  14. スニッカーズ食おうとして殴られてるw
  15.    AAな名無し - :2009/03/26 (木)
  16. ツッコミどころ多すぎwwww
  17.    AAな名無し - :2009/03/26 (木)
  18. > 長嶋さんの家ってドロボー入ってなかったっけ?
    入った。
    その後、お約束のようにセコムの株が下落したのは良い思い出。
  19.      - :2009/03/26 (木)
  20. 長男次男の家の残骸を三男の家に突っ込んで、火を点けるのかと思ったが
  21.    AAな名無し - :2009/03/26 (木)
  22. 長嶋さんセコムの電源切ってたんだよね・・・
  23.    AAな名無し - :2009/03/29 (日)
  24. いい話かと思ったのにwwwwww
この記事にコメントする
・コメントです。楽しく使ってね。仲良く使ってね。
・本文のみで書き込めます。
・記事の内容と関連のない雑談、質問はこちらでお願いします。
・コメントの書き込みテストはこちらでどうぞ。
・AA(アスキーアート)がズレて見える人はここを見るといいかも。
AA作成用支援ツール
新着記事ヘッドライン
アクセスランキング
拍手ランキング
はてなブックマーク
はてなブックマーク

カテゴリ

最新コメント

  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><
  • ふるふるぼいんっ
  • お知らせなんです><
  • ふるふるぼいんっ
  • ニャッキ
  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • ふるふるぼいんっ
  • お知らせなんです><
  • お知らせなんです><

AAキャラ別

月別アーカイブ

Amazon

リンク....〆(・ω・´)

ブログサービス


スカウター : AAなにっき....〆ミ・д・,,ミ

フィードメーター


ブログパーツ
track feed リンク元

メール (「・∀・)「